恋愛と結婚は別物なんですよ。そのC

恋愛と結婚は別物 そのC

相手を良く見る罠にはまるな

 

結婚体質に自分を変えるためには、相手を変えようとしないことが大事なのです。

 

そのためには、恋愛の相手ではなくて、結婚の相手として初めから見るようにしておくことが必要です。

 

浮ついた感情で、相手のことを軽はずみに「良く見てしまう」罠にはまらないように気をつけるのです。

 

私か言うことは、ことごとくロマンチックではないので、なんだか夢がないし、「相手を悪く見ろっていうこと?」などと思わないでください。
これは、相手を冷静に見るということです。私は、当たり前なことしか言っていません。

 

好きという感情は、あなたの判断力を鈍らせる魔物です。

 

好きに騙されてはいけないということです。

 

なぜなら、あなたは、恋愛ではなく結婚したい女性だからです。

 

一人のさびしさに支配されていると怪我をする

 

ただ相手がほしい、という欲求に支配されてしまって、結婚を意識した「判断基準」を持っていない女性の多くが、男からアプローチされるとコロンとまいってしまうという現象が多く見られます。

 

20代なら、恋愛の失敗もいいでしょう。

 

けれども30代からは、恋愛の果てに失敗して終わりました、ということが少ないにこしたことはありません。

 

結婚に至らない相手となら、長く付き合わないほうが得策だという面もあります。

 

もし、結婚を真剣に考えている場合は、の話です。

 

でも、とにかくさびしくて相手がほしくて仕方がないというタイプの女性たちは、男性からアプローチされると、わりと簡単に心を開き、体をも許してしまいます。

 

そして、その相手が「運命の人なのかも?」と思い込み、結婚へと突き進もうとするのです。

 

ところが、彼がまるで結婚を考えていないことを知ってショックを受け、「もう何を信じていいのか‥」という状態になるのです。

 

とても大事なことを言います。

 

男も30代に突入し、結婚を真剣に考えているなら、遊び相手を探していない、ということをよく知っておいてください。

 

「遊ぶ相手と、結婚する相手は別」なのです。

 

これは、良い悪いの問題ではなく、現実です。

 

男たちは、声をかけたら気軽に体をあずけてくれる女性をパートナーとしては考えないものです。

 

そういう女性は「遊び」の対象とみなされてしまいます。

 

結婚を意識して、覚悟を決めてから女性に声をかける、という男性を求めることのほうが非現実的です。

 

ところが、相手がいないさびしさや、不安を感じている女性は、声をかけられたり、アプローチされたりすることがうれしくて、そこに女の喜びを見いだしてしまう傾向かあります。

 

ドキドキしてしまうのですね。

 

これが勘違いのもとです。

 

声をかけてきたり、アプローチしてきたりするのは、結婚を考えているからではありません。

 

獲物を探しているだけなのです。それは、自分の欲求を満足させる対象を探しているということです。

 

男という生き物を理解する

 

男を理解するためには、ぜひこの本能的な傾向を理解しておいてください。

 

男は良い悪いにかかわらず、基本的な傾向として「獲得」と「征服」の欲求を持っています。

 

自分のものにしてしまいたい、という欲求です。

 

もちろん、その本能的な傾向のままに生きることがいいわけがありません。

 

ただ実際には、多くの男性たちが、その本能的な傾向によって行動してしまう側面を持っています。

 

だから「ナンパ」があります。

 

声をかけられたらうれしいですよね。

 

女性として見られている証拠ですから。

 

でも、同時にそこには、人格ではなく「道具」のように見られているという、決して喜ばしくない側面があります。

 

ですから、気軽に心を許さないほうがいいに決まっています。

 

すぐ旅行に誘う男はNG

 

付き合いはじめてすぐに、彼が「一緒に旅行にいかないか?」と誘ってくるということがあります。

 

私はこれに絶対に、簡単に同意しないことをおすすめします。

 

驚くほど多くの女性が、旅行にいった後に振られています。

 

多くの男たちが、本能的な獲得欲求から、相手の体をも全面的に征服してしまいたいという欲求に突き動かされてしまいます。

 

相手がいない場合はそれを自制するしかないのですが、いつでも触れ合うことができる相手がいると、その欲求が全開なわけです。

 

このとき、結婚のことを真剣に考えていたり、あなたの人生に責任を持とうと覚悟を決めていたり…などということを男がまるで考えていないのは、よくあることです。

 

ところが、旅行に誘われると、「私のことを真剣に考えてくれている証拠」だと勘違いして、その願いに応じることが結婚への近道なのだと思い込んでしまう女性が、じつに多いのです。

 

そもそも付き合いはじめて間がないのに、旅行にいくというのは、「夜、一緒に寝ましょうね」というお誘いです。

 

この段階で、自分の体を獲得したいのだなと警戒してください。

 

夜をともにして、そこに満足がなければあなたはあっさりと振られてしまいます。

 

まだ人格的な結びつきも強くないからです。

 

獲得欲求に支配されている男は、あなたを人格としてではなくて、欲求を満たすための対象として見ている傾向が強く出ていますから、人格的な側面以外のことにばかり目がいきます。

 

ようするに裸にならないかぎり見えないところです。

 

獲得欲求を充足させるための対象として見ている男にとって、あなたが刹那的欲求を満たしてくれる条件に当てはまっていないと、あっさりと、その欲求が失せてしまうという結果を招くのです。

 

また、旅行というのは通常のデートよりも長い時間をともに過ごす、非日常の世界に行きますから、それまで見えていない側面が見えてきます。

 

この人と長く生きていこうとは思ってもいない相手の意外な面や不安な要素が見えてしまったら、わざわざリスクを背負ってまで、「そんな人とは一緒にいなくてもいいや!」と、きわめてドライに、手のひらを返すように態度が変わってしまうこともあります。

 

これも、非常に初歩的な獲得欲求(肉体的かつ表面的)に支配されているときの男性の傾向です。

 

これをよく理解しておくことが、あなたが勘違いして、自分勝手に盛り上からないためにはとても重要なのです。

 

結婚したい男が求めている女性

 

30代以降である程度の社会的立場を持っている男性たちは、重くない女性を探しています。

 

これは体重の話ではありませんよ。

 

「寄りかからない女性」という意味です。

 

男たちは、社会的な評価にさらされて生きています。

 

大学まではべつに仕事ができなくてもよかったのですが、社会に出たとたんに、仕事ができるかどうかで評価され、選別される厳しい現実のなかで生きています。

 

もちろん女性たちもそうなのですが、女性には、仮に仕事をしていなくても、育児であったり主婦であったりすることが、正当な評価の対象となりますが、男が仕事をしないと「ニート」と呼ばれます。

 

男は仕事をするのが当たり前なのです。

 

家庭と子育てを大事にしたいので仕事を辞めます、という理屈は男社会では通りません。

 

これが現実です。

 

男という生き物は、社会的評価で一喜一憂しながら生きています。

 

社会に出たばかりの20代の頃は、まだ右も左もわからず、社会から弾き出されないために必死です。

 

ところが、30代にもなると、ある者はとっくに起業していて、ベンチャー企業の社長だったり、あるいは大きな会社でそれなりの役職についていたり、責任の範囲が広くなりはじめています。

 

背負っているものが重くなりはじめているのです。

 

仕事の内容も、20代でできなかったことができるようになってきます。

 

実績や信用が増しているからです。

 

自分の決定でプロジェクトが動いたり、大きなお金が動くこともあります。

 

社会的評価という点でも、独身よりも結婚しているほうが有利であることを実感しはじめます。

 

そこで結婚を考えるわけです。

 

こういうときには、当然のことですが「自分に寄りかかってくる女性」は敬遠されます。

 

ただでさえ責任が大きく重くなってきているのに、さらに重い荷物を背負うことは、「かんべんしてくれ」と思うのです。

 

ですから、30代以降の男たちは、自分を助けてくれて、さらに仕事に打ち込めるようになれる相手を求めるのです。

 

自分を引き上げてくれる女性です。

 

寄りかかられてはそれが叶いません。

 

つまり、男たちは、重くない女、寄りかからない女を求めているというわけです。

 

男がいなくても幸せな女

 

これは別の言い方をすると、「男がいなくても幸せな女」という意味です。

 

男は決まって明るい女性に惹かれます。

 

明るいというのは、自分に元気を与えてくれる人で、輝いて見える女性のことです。

 

彼がいなくても、いきいきしていて、やるべきことがある女性ということです。

 

いきいきと輝いているからこそ、自分にエネルギーを与えてくれるにちがいないと、その女性に魅力を感じるのです。

 

「結婚したら幸せになれる!」

 

こんな考えは、まったくもって結婚には向いていません。

 

結婚しなくても幸せだから、結婚したらもっと幸せになれるし、相手に幸せを分けてあげられるのです。

 

まずは、自分がどう生きたいかが大事

 

ですから、結婚よりも前に、あなたが一人の女性として「どういう人間でありたいか?」ということのほうが大切です。

 

べつに彼がいなくてもいいではないですか。

 

独身でもいいのです。

 

まずは、自分がどういうふうに生きたいか。何をしたいのか、どういう女でいたいのか、ということを考えることが先決です。

 

実のところ、自分のことがまったくわからないようでは、相手を選ぶという「基準」そのものがないということになってしまいます。

 

私かこれを言うのは、[とにかく結婚]という考えにならないようにしてもらいたいからです。

 

もういい歳だから結婚したいとか、一人じやさみしいからとか、やっぱり女だもん………ではダメです。

 

これらは、「結婚すれば自分の人生が幸せになれる」という勘違いに基づく発言です。

 

こんな状態だと、あなたの幸せは「結婚」に依存したものとなってしまい、それはとりもなおさず、相手に依存しているものとなってしまいます。

 

その状態は、あなたから、願っている結果を遠ざけてしまうことになりかねません。

 

30代、脂ののった女ざかりのあなたが、結婚を考えるのなら、「とにかく結婚ありき」の考え方をやめることです。

 

結婚体質への第一歩はここからはじまります。